伊坂幸太郎の「砂漠」読んでみた! 感想、要約

読書
この記事は約5分で読めます。

「砂漠」って有名だけどなんで?

どーも、ユウです。

あなたは、「砂漠」読んだことはありますか?

『砂漠』とは、伊坂幸太郎の五人の大学生を軸に書かれている青春小説です。

結論としては、面白かったし、感動もあるので、あっという間に読み終わってしまいました。

大学生になる前でも大学生活を送ったことない人でも楽しめると思います。

ということで今回は『砂漠』を読んだ感想とともに、

ざっくりどんな内容?

どんな人におすすめ?

上記について紹介していきます。気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

それでは宜しくおねがいします。

「砂漠」とは

入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決…。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれ成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。

「砂漠」

舞台は仙台。麻雀を通して仲良くなった5人の特別ではないけれどフツーとは言えない大学生活を描いた物語です。

さて、この「砂漠」ですが、早く読みたくてネット通販で購入しました。

多くの人に読まれてるだけあり人気ですね!

「砂漠」主要登場人物は?

  • 北村・・・この物語の主人公且つ語り手。何事にもどことなく冷めた性格。
  • 鳥井・・・軽薄で女好き。そこそこ裕福な家の生まれ。
  • 西嶋・・・極端な正義感と独特な言い回しが特徴で、しばし周囲を呆れさせる。
  • 東堂・・・クールな美女。多数の男に交際を申し込まれては断っている。
  • 南・・・明るい笑顔が魅力。超能力を使える。鳥井とは中学の同級生。

登場人物は、南を除いては普通の大学生たちばかりで特に変わって人はいませんよね笑

安心してください。

実はこの小説、彼ら一人一人の個性が際立っていくように構成されています。

さすが、伊坂幸太郎ですね。

彼の本は他にも面白いものがあるので興味があればぜひ読んでみてください。

「砂漠」 感想

合コン・麻雀・ボウリング・恋愛といった大学生らしい出来事だけを描くのではなく、通り魔・超能力・空き巣といった多くの人が経験しなさそうなことを生活に混ぜていることがこの小説の特徴です。

だからと言って、現実感が乏しくなっていく訳ではありません。超能力は非現実的だけれども、小説だからこその醍醐味であり、読者を置いていくような感じではありません。

嘘に事実を加えてほんとのように思わせる感じに近いかも

自分と彼らは勿論おかれている状況や、考え方に違いはあるけれども、登場人物たちに共感することができたし、こんな大学生活も面白いんだろうなと思いました。小説の中のような劇的な出来事や個性溢れる人物はいませんけど、大学生の生活は同じようなものだと思います。

実はこの小説、4つの章を繋ぎ合わせ、大学生活4年間を描いています。それぞれの章で完結する出来事もあれば、今後につながる出来事もあります。

全てを読み終えた時、4年間の年月を同じように過ごしたかのような青春感を味わいました。

難点としては4年間を描くので、いきなり話跳んだのとか前の出来事で何があったかなど忘れてしまうかもしれないなってところです。

一つ一つの出来事に対して自分なりの要約を作りながら読めば面白さ倍増!

「砂漠」読む上でのポイント

そもそもこの小説では砂漠とはなにを表しているでしょうか?

「学生は、小さな町に守られているんだよ。町の外には一面、砂漠が広がっているのに、守られた街の中で暮らしいる」

大学生はある程度の自由を手に入れているけれど社会には出ていない。

つまり、学生は安全なところで身を置いている状態である。

学生と社会人の違いは社会に出ているかいないかということですね。

「砂漠」=社会

守られているうちにどんなことができるのか、大学生はこの観点を持ちながら読むと一層共感できるのではないでしょうか。

悔いが残らないように自分も行動したいな

「砂漠」:どんな人におすすめ?

こんな方におすすめ

  • 大学生活を迷いながら送っている人
  • 大学生活に物足りなさがある人
  • 大学生活に興味がある人
  • 大学生活の楽しさを思い出したい人

大学生活に何かしらの関心があるなら面白いと思います。

小説とはいえ、自分自身を振り返るきっかけになるはずです。

自身の生活を変えたい方は「七つの習慣」もおすすめですので、ぜひ読んでみてください!

「砂漠」まとめ:自由を謳歌できるうちにやりたいことをやろう!

この本を読んで大学生活で何か大きなことをやってみたり、習慣を変えてみたりするきっかけに自分はなりました。

社会に出た後も辛いことや悲しいことがあったら多分この本に戻ってくるんじゃないかと感じます。

読むか悩んでいる人いるならばぜひ読んでいただきたいです。

そうすれば、きっとあなたの実になるものが一つは得られると思います。

もっと内容を知りたいと思った方は書籍を読み込んでみましょう。

この記事が参考になったなと思ったら、いいねやRT・感想RTを頂けたら嬉しいです。

またinstagramTwitterでも有益情報を発信しているので、ぜひ寄って行ってください。

読んでいただきありがとうございました!

ユウ

コメント

タイトルとURLをコピーしました